« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年3月

いっぱいの皮

いきなり『皮』ったって、ねぇ。
なんでしょうね、この反物はいったい。Img_0706



『皮』なのだよ、ほれ。レザーだ。
正真正銘の端切れですが、相当な量あります。
Img_0705



何でも言うてみるもんですな。
ソフバ仲間のYちゃんちがこんなお仕事と知ったのは昨年のこと。
端切れ安売りの機会をうかがってたんですが。
まさかこんなに収穫があるとは。
二度とめぐって来ない、千載一遇のチャンス!
ほんまにゴミ袋に詰めて持って帰りました(笑)

これなんかそのままラグにできそう…端切れなのに。
Img_0707

こんなに持って帰って何しようかな、は今はお預け。
春休みまでは、他ごとに気を取られてはイカンの(;´Д⊂
この時期はミニブックの制作が異常に多いので
レザーのことは後回し。


後回しなんだが…どうしても気になるのがこちら。
エールックさんのバッグ工場で行われるSale!
Img001

ここの製品はseaの周りでも密かな人気。
私なんか全然知らんかったのに、気づいたら周りが
おしゃれなストラップとか、おさいふとか持ってて。
オサレだからすぐに目にとまる。

SHOPもあるよ♪ →
レザーなのにハードさが全くなく、むしろナチュラル。
大人かわいい商品がいっぱいです。
週末、ふらりと立ち寄ってみては?
良い出会いがありそうな気がしてならんのです |゚з゚)

| | コメント (4)

3月*志度電化カルチャー

※キット画像アップしました!



年度末です。
Rebirth Sunsetのクラスでは、卒園・入学という大きな節目を
を迎えるお子さんが多いですね。
うちもそうですが…
カウントすると、残りの登園日数はあと1週間ほど。
なんて切ない、なんて落ち着かない日々でしょうか(´;ω;`)ウウ・・・

今月のクラスですが、終業式やらの関係で一部日程が変更
なっております。
すでにメールは配信しましたが、ご確認いただけましたでしょうか。

くれぐれもご注意くださいね~!


■日時■ ※一部変更あり。ご注意ください!
クラスA…3月11日(金)  9:30~11:30
クラスB…3月15日(火)  9:30~11:30
※各クラスの定員は8名です。

■場所■
志度電化Home's内 カルチャールーム
さぬき市志度904-9  TEL:087-894-1277

■持ち物■ ※ツールレンタル(¥50~)あります
・写真
・トリマー(お持ちの方のみ)
・カッター(刃は折っておく)
・カッターマット
・はさみ
・SBに適した糊(アシッドフリーのもの)
・定規(30㎝以上・方眼目のあるものがよい)
・筆記用具
・目打ち


■料金■
6000円(3回分) ※更新または新規の方のみ

■ご予約方法■
毎月のご予約は→→★こちら★
新規お申し込み・体験講習をご希望の方は→→★こちら★

画像などはまた改めてアップしますね♪

続きを読む "3月*志度電化カルチャー"

| | コメント (0)

ギャラリー展OPEN!

※期間中はこの記事がトップに表示されます※




Img_0617

Rebirth Sunsetでは、毎月、志度電化Home'sにて
スクラップブッキングの講座を開催中です。
この講座の生徒さんたちによるギャラリー展が、桃の節句の
本日OPENしました♪
(志度電化Home'sの紹介記事はこちら→★★★

期間: 2011年3月3日~3月30日
ジャズのコンサートが催される3月6日(日)のみ、
ギャラリーの一部は撤去されています。


この日のために作られたLOもあれば、これまで作った中から
厳選されたものまで…
おしゃれなスペースにずらりと並びました。
seaもちょこっとスペースをお借りしています |゚з゚)Img_0619

Img_0621

志度電化さんでの講座をスタートしてから1年。
それ以前からお付き合いのある方も、ここ1年以内で
始められた方も、出産等でお休みしていた方の復帰もあり。
いろんなキャリアの方がいますが、どれも作り手の想いが
ダイレクトに伝わってくる、素敵な作品ばかりです!

Img_0627


展示された作品を眺めながら、細かい技術や斬新な色遣いに
感心したり、ジャーナルに共感したり…おいしいコーヒーを
いただきながら思いを馳せるのも良いかもしれません。

Img_0628

お近くの方は、ぜひお立ち寄りくださいね♪


―――――――――――――――――――――――――――
こちらのギャラリースペースでは、スクラップブッキングだけでなく

カルチャー教室ご利用のいろんな講座さんがギャラリー展を     
開催しており、いつも素敵な作品が展示してあります。       
ものづくりりを通じて共感する部分ってやはりあると思うので、   
これを眺めるのも毎月の楽しみなんです。              
―――――――――――――――――――――――――――

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »